ペイ・フォワードってご存知ですか?

今度DVDを借りようと思っている作品のひとつ。

あらすじというかこの少年が何を思いついたか
誰から聞いたかは記憶が定かではないのですが
ブログの更新をするにあたって私は一つのことを
考えています。

前回著作権の侵害について危惧していると
書きました。そのことについては考えが
変わったというわけではありません。これからも
著作権や知的財産権について勉強して
ブログの更新も気をつけたいと思っています。
ここから更新するブログの文章も著作権は
放棄していません。念のため。


しかしアクセス数を見て驚いたのです。
ブログといっても色んな方が見てくれている
ということ。これはある意味私が思っていること、
感じたことを書くということを通じ、
多くの方々の心に「発信」できるということを
思いついたのです。
アクセス数に驚き、不必要に恐がっているのも
なんだかおかしな感じもしてきたわけです。

ある人に「同じ時間をかけるのなら
どうして原稿料をもらえるような仕事をしないのだ

と言われたことがあります。
その時は
そんな価値ある文章が書けるわけがないじゃないですかぁ。
なはなはなは・・・」といった怪しい笑いをかましながら
気にもとめなかったことなんですが


ですが

同じエネルギーと時間をかけてする行為ならば
クリエイティブなことがしたいと思っているのが
今年の自分です。

そこで原稿料をもらうということは絶対できないけれど
人の心の端っこに何かひっかるものを
届けるような文章を書くことで
世界に幸せ広げるようなことがしたいという
野望がわいてきました。
文章でそんなことができるくらいなら
ノーベル賞とれるよってつっこみをした貴方、
まさにその通りです。自分がそんな文章を書けるとも
実はおもっていません。更新も続くかかなり怪しいです(笑)
でもこのコメントを読んでくれる
中にはそんな文才を持った方もおられるはずです。
是非コメントに温かな足跡を残していってください。
成長していけたらと思っています。

さて本題にもどりますが冒頭で出したペイ・フォワード”ですが
次のURLから詳しいことが出ています。
http://www.awaji-net.com/pay-forward/

以下一部引用します。
「ペイ11才の少年トレバーは、社会科の授業で
「今日から世界を変えてみよう」という課題を出されます。
トレバーが考え付いた奇想天外なアイデアは、
人から受けた厚意をその相手に対して
恩返し=“ペイ・バック”するのではなく、
他の誰かに違う形で先贈りして善意を広げていく=“ペイ・フォワード”
映画の中では「次へ渡せ」という言葉で翻訳されています。」

わかりますか。まあぶっちゃけた話周囲の人に
どんどん優しくして親切を世界に広げるということです。
そんな小さなことで世界が変わるのかって思うかもしれないけれど
こういう意識の人が増えたら世の中は変わる!と思います。

上からガミガミ教育されるよりも
町で会った見ず知らずの人から受けた優しさから
学ぶ力の方が多いと思いませぬか。
いや多いっつーか「ほんわか」して受け入れやすい
んじゃないかと単純な私に置き換えると思うわけです。

以前 マザーテレサが「家族を愛することの大切さ」
を熱く語っていましたが一番身近な人を大事にすることで
周囲の人を大事にできる人になれるということじゃないかと
思います。このあたり私はまだ勉強不足ですが。

みんなは今日誰のどんな優しさを感じましたか。
誰にどんなことしてあげられましたか。

明日もし何か周囲の人にできることがあれば
そっとしてあげてください。最初の日は一つでもいい。

私も始めてみたいと思います。
そして「うふ今日はこんなことできちゃったわん。」
って思うようなことした暁には是非私のブログに
足跡を残していってください。
ちょっとしたことでもコメントしてもらえると嬉しいです。


~ あなたにも世界は変えられます ~
ペイ・フォワード ~Pay it Forward~ 『次へ渡そう』運動




そだそだ☆早くDVDかりよー(爆)
ブログでネタはバラサナイでね。