2005年01月

価値





大切なものの価値を

失う前に気づく人でありたい




新年に努めること

もうすぐ2月で新年というか微妙なところですが
引き続き稲造先生ネタです(笑)
みなさんは今年2005年どんな年にしたいですか。
今年の目標・抱負は?と聞かれてどんなことを
答えるのでしょう。

新渡戸稲造先生のような偉大な方でも
反省することがあるのか?!
と突っ込みたくなるところではありますが(笑)
どうやら今も昔も変わらず年月はあっという間で
大晦日から元旦にかけ反省をし、
新年どんな気持ちで臨むのか
決意を新たにされていたようです。

以下少し言葉は口語体にしたものですが
引用します。

「 ・日記は怠らずその日に記入すること

  ・通信は受け取った後何日以内に返事をすること
  
  ・本年は何某の書物を読むこと
 
  ・何月には何処を旅行すること

  ・本年はどういう論文を書くかということ 」


いかがですか。先生がたてられた新年の抱負。
けっこうこれって今も大事なことですよね。
実に計画的で毎日を大事に過ごされた方かが分かります。
さすがです。ドイツ語など語学力も素晴らしかったと
お聞きしていますが地道な努力家だったことが伺えます。

新年を迎え、もう1月がたとうとしている今
改めて2005年の過ごし方を考えたいと思います。

去年を振り返るとチャンレンジする年と題して
色々なコンテストや論文にチャレンジしてました。
夏には思い切った旅なども親友と共に
してきました。

そういうわけで今年は・・・・うーん落ち込み
語学を身につけること
将来に備える勉強をすることを
中心に頑張ります。
「継続」の一年にしたいと思っています。

どうせ抱負なんかたててもせいぜい3日坊主さ♪
なんてお考えの方、→私も含めてですが(笑)

新渡戸先生はこんなことをも言っておられます。
以下引用です。

「もう新たに始める勇気がなくなったという人も
あろうが、このような人に僕は
「もう一度やりたまえ」と叫びたい。
一度倒れたらもう一度起き上がればよいではないか。
よいことはただの3日坊主だけ
やってもその及ぼすところは3日に留まらない・・・・


すごい言葉ですね。勇気づけられるんですよ、
すいません。ファンだからかもしれないですね(爆)
稲造先生はどんな小さな事でも一寸の間でも行う
べし!と叫ばれているんです。笑い
というわけで一秒でいいから(笑)
まずはトライ☆



参考:「新渡戸稲造の心」(林 弥生)p.190

死ぬまでにしたい10のこと

タイトルを見てあなたは何を思いましたか。

10個のことをあげてくださいと言われペンと紙を
渡されたらあなたは「今」何を書きますか

これからじっくり考えますか(笑)
実際10じゃ足りないかもしれません。
まだやりたいことがいっぱいあるのが自然なことだと
思います。もちろん常に精一杯そして常に自分の
できること、やりたいことに向かって生きている
ように心がけているつもりでも。
死を前にしてなかなか受けいれられないのが
人間なのでしょう。
それがフツーなんだと思います。

さてなんでこんなタイトルをつけたかと言うと
ながーィ間見たかったDVD作品をついに観たからです。
借りてみてみました。

その名も
「死ぬまでにしたい10のこと」
http://www.shinumade10.jp/main.html


内容は伏せますがもともと涙もろい私はまたしても
涙でした。けっこう何箇所かでこみ上げたので
一人で見てよかったかも・・・。ぐびぐび悲しい

映画はハッピーになるもの、特にコメディー笑い
のように痛快なものがおすすめする私が何故
この映画を選んだのか・・・自分でも分かりません。
新聞でこの映画の告知を見てからずっと
観てみたいなあと思っていたのです。

ハッピーフライトを見た人はある人物がおそらく
同じ俳優さんなのでびっくりするかもしれません(謎)

感想として簡単に述べれば「しんみり」しました。
現実味を帯びた演技で別に嫌な感じはしませんでした。
精一杯生きるということはそうなのかもしれないと
思う場面、母親としての認識、愛する人への思いについて
考えさせられました。

年が近いとなおさらとっても神妙な気分になると思います。
生きている時間を大事にしようと思えます。
この作品をどうぞ!と特別すすめるというより
生きているというある意味奇跡的な時間を使って
みんなも素敵な人生を送って下さい
☆と言いたいです。

大切な人と大切な時間を送って下さい・・・
愛情を表現することは時にとても難しいことですが
表現することで伝わる思いもあります。
一刻一刻をあなた流に刻んでいってください。

新渡戸稲造の言葉

逆境の理由を自分に反省せよ

厳しいお言葉ですが新渡戸稲造先生は
そうおおせられました。逆境というと人はどちらかというと
誰かのせいにしたくなるのが世の常ではないかと
思うのですが。どうでしょう。私だけだったらすいません(笑)

言い訳するなとはいいません、環境とか
いろんな事情で逆境に立たされるんだと思うんです。
新渡戸稲造先生のお言葉から考えるに
まだまだ見直すことがあります。

「自分が原因だと考える事に決めたら
人を恨まなくなるであろう。」
大抵の人は
「心の禍の責任を自分で負う事は嫌う」
ともおっしゃっているんですよ。

ふ、ふかィ・・・・・(><)
とてもとても深い意味がこもってます。
でも見方を変えるとそんなふうにも考えられるかぁ
という気もしてきます。


苦しいとき、悲しいとき、自分を反省するということ
はもっとつらいことです。傷口に塩を塗るような
ことかもしれません。いやからしを塗るようなこと
かもしれません(笑)

理不尽な出来事であればあるほどそうかもしれない。
しかし解決する方法は人を恨むとか
問題を転化させることではないらしいんです。

実際に実行となるとかなりシビアな状況では
あると思われますが肝にすえて考えたい
フレーズであります☆






注*「」内参考文献;
「新渡戸稲造の心」林弥生著
44ページ (日本印刷出版株式会社)

ペイ・フォワード ~Pay it Forward

ペイ・フォワードってご存知ですか?

今度DVDを借りようと思っている作品のひとつ。

あらすじというかこの少年が何を思いついたか
誰から聞いたかは記憶が定かではないのですが
ブログの更新をするにあたって私は一つのことを
考えています。

前回著作権の侵害について危惧していると
書きました。そのことについては考えが
変わったというわけではありません。これからも
著作権や知的財産権について勉強して
ブログの更新も気をつけたいと思っています。
ここから更新するブログの文章も著作権は
放棄していません。念のため。


しかしアクセス数を見て驚いたのです。
ブログといっても色んな方が見てくれている
ということ。これはある意味私が思っていること、
感じたことを書くということを通じ、
多くの方々の心に「発信」できるということを
思いついたのです。
アクセス数に驚き、不必要に恐がっているのも
なんだかおかしな感じもしてきたわけです。

ある人に「同じ時間をかけるのなら
どうして原稿料をもらえるような仕事をしないのだ

と言われたことがあります。
その時は
そんな価値ある文章が書けるわけがないじゃないですかぁ。
なはなはなは・・・」といった怪しい笑いをかましながら
気にもとめなかったことなんですが


ですが

同じエネルギーと時間をかけてする行為ならば
クリエイティブなことがしたいと思っているのが
今年の自分です。

そこで原稿料をもらうということは絶対できないけれど
人の心の端っこに何かひっかるものを
届けるような文章を書くことで
世界に幸せ広げるようなことがしたいという
野望がわいてきました。
文章でそんなことができるくらいなら
ノーベル賞とれるよってつっこみをした貴方、
まさにその通りです。自分がそんな文章を書けるとも
実はおもっていません。更新も続くかかなり怪しいです(笑)
でもこのコメントを読んでくれる
中にはそんな文才を持った方もおられるはずです。
是非コメントに温かな足跡を残していってください。
成長していけたらと思っています。

さて本題にもどりますが冒頭で出したペイ・フォワード”ですが
次のURLから詳しいことが出ています。
http://www.awaji-net.com/pay-forward/

以下一部引用します。
「ペイ11才の少年トレバーは、社会科の授業で
「今日から世界を変えてみよう」という課題を出されます。
トレバーが考え付いた奇想天外なアイデアは、
人から受けた厚意をその相手に対して
恩返し=“ペイ・バック”するのではなく、
他の誰かに違う形で先贈りして善意を広げていく=“ペイ・フォワード”
映画の中では「次へ渡せ」という言葉で翻訳されています。」

わかりますか。まあぶっちゃけた話周囲の人に
どんどん優しくして親切を世界に広げるということです。
そんな小さなことで世界が変わるのかって思うかもしれないけれど
こういう意識の人が増えたら世の中は変わる!と思います。

上からガミガミ教育されるよりも
町で会った見ず知らずの人から受けた優しさから
学ぶ力の方が多いと思いませぬか。
いや多いっつーか「ほんわか」して受け入れやすい
んじゃないかと単純な私に置き換えると思うわけです。

以前 マザーテレサが「家族を愛することの大切さ」
を熱く語っていましたが一番身近な人を大事にすることで
周囲の人を大事にできる人になれるということじゃないかと
思います。このあたり私はまだ勉強不足ですが。

みんなは今日誰のどんな優しさを感じましたか。
誰にどんなことしてあげられましたか。

明日もし何か周囲の人にできることがあれば
そっとしてあげてください。最初の日は一つでもいい。

私も始めてみたいと思います。
そして「うふ今日はこんなことできちゃったわん。」
って思うようなことした暁には是非私のブログに
足跡を残していってください。
ちょっとしたことでもコメントしてもらえると嬉しいです。


~ あなたにも世界は変えられます ~
ペイ・フォワード ~Pay it Forward~ 『次へ渡そう』運動




そだそだ☆早くDVDかりよー(爆)
ブログでネタはバラサナイでね。
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ