2005年07月

ある意味 肌に悪いローテーション


昨日から3日間外部の講座をとっています。
詳しくは明日以降に書くけれどいつもより
ちょっとハード。でも1日やりくりできただけで
なんだか充実感があります。

深夜レポートをかたづけ

朝風呂

睡眠

早起き

大学へレポート提出

他の研究所へ移動

電車で爆睡

無事到着

講演聞いた後 大学へ

バイト

帰宅して

深夜レポート
 
の繰り返し。
普段なら かけなくてぶーぶー言うこともある
レポートですが他の機関でどうしても受けたい講座が
あるために(ある意味追い込み)、自分に文句を言わせない
って感じです。きついけどまわせると嬉しい。

他の研究所で講座を受けると
「こんなところまで裏づけやるのかぁ」とか
「日本中 こんなに探してきたんだぁ」とか
研究者ってホント地道だなぁって思います。

好きな研究してるとはいえ、あんたはエライ!
って言いたくなるくらいちゃんと調べてきていて
大学で自分が出しているレポートの
「しょぼさ」にしょんぼりしたりします(笑)

数年かけて研究してきたことを報告している
人たちの一生懸命さに触れて頑張らなくっちゃと
思うわけです。



ピアスやめた日


書くかどうしようか迷ったのだけれど・・・

「蛇にピアス」読んでしまった。
気持ち悪いっていう噂はきいていたのだけど案の定。
たまたま研究室に置いてあって学会までの間40分で読みきって
しまった。あー読まなきゃよかったって思うくらい
気持ちワル~くなった。ごめん。書くなって思うかもだけど。
個人的に好きじゃない。すすめないかも。
(イヤリングをなくすために最近ピアスあけようか
本気で考えたけど一気に冷めた・笑)

過去の芥川賞ってどんなんだったっけ?って思っちゃった。
賞を与えるにふさわしい作品かどうかは意見われるところ
だと思う。「蹴りたい背中」もまだ未読なんだけど。


確かに作品の切り口は鋭い。アンダーグランドの部分を
かなり具体的に描いていて村上隆の作品に
どこかしら共通するものを感じた。

自分の身体をピアスや刺青でどんどん変形させて
「肉体改造」にハマッテいく十九歳の少女が主人公。

興味からはじめる行動なんだけど最後の方にそれが
彼女自身にとってどういう意味なのか苦悩している
様子も描かれている。

何かから逃げている感じも受ける。
愛されたい…そういう感情を間接的にくりぬいていく表現が
多い。そういう面ではきっと同情・共感を呼ぶと思う。
賞として評価されたのもこの淡々とした記述からかも。

しかたないんだよね。怖いものみたさで読んでいって
しまう自分。読み終わって気持ち悪いどころか
悲しくなった。もっと自分の気持ち書きたいところだけど
こういう作品を大事に想う人も多いと思うのでこのあたりで。

また一緒に語ろう!!


CM

研究室でちょこっと流行らせてしまったライフカードのCM(笑)
また増えてるし♪
ってか これは惚れるかもねぇ。
どうする!?オダギリ

MY手帳(2)


ちなみに今年変えた手帳は
コレ↓

P1000130.jpg


「夢をかなえる人の不思議な手帳」

藤沢 優月さんってどんな人なんだろう
って思ってたらこの手帳の最後のほうにプロフィールが
書いてあります。

4ヶ国語を操って世界中を旅して旅して執筆だなんて
好きなことして生きているなぁ。

ちょっと気恥ずかしいけれど勇気を出し、
本屋さんでこの名前を言ったら出してくれたから
ほしい人は試してみてね。
気になるけれどシャイでそんなこと・・・って
いう人のためにネットでも買えるしね(笑)。


今まで使っていたのも実はこのシリーズで
「夢をかなえるひとの魔法の手帳」
初めのデザインからちょっと変えてしまってるけれど

P1000128.jpg



時間軸にそって計画をバリバリ立てられるのが嬉しい。
そしていつからでもはじめられる点
月→週の条件を満たしている点
シンプルで自分でデザインが変えられる点
が気に入ってます。

月ごとにメッセージというか心理的なワークみたいなのも
ついていてなんとなく女の子っぽいかもしれないけれど
男友達にも薦めますよ(笑)夢かなえてください。
自分を見つめる灯台の時間を大事にしようとか
人とうまく付き合うにはどうしたらいいかとか

ちょっとしたことだけど人間的に大事だよって
ことをメッセージつづりで書いてあります。
こういう心のゆとりをもって自分を受け止められる人は
他の人に対しても思いやりが持てる気がします。
だから男の子もぜひ試して彼女とか周囲の人に優しくして
あげてください。

ちなみに私はまだまだ精神的に未熟なので
今年も引き続き使っていくことにしました。
この手帳が卒業できるころには自分についても
もっとわかっていたいものです。


今年もデザインをこれから変えていきます。
うひ。少しずつだけどね。こういうの好きだし。
すごい感じがかわるんだよ~。
私 手帳自分でデザインして売りたいくらい。
売れないって。うん。まぁ。いいの(笑)


おととし一発で決めたのは実はこれ。
愛くるしいでしょ?↓

P1000129.jpg


中も1月ごとに全然違うデザインで自分で変える余地は
ほぼなかったのですが(笑)可愛いから。
楽しめました☆

MY手帳


8月からなんですが手帳を変えました。
え!!なんで今更?って思うかもしれないのだけれど。

実は私 昔から 手帳はこだわる方で雑貨屋さんとか本屋さんとか…
かなり時期的に手帳の買い替えののシーズンよりずいぶん前から
チェック見ている。選んで選んでしっかり選んで悩んでこだわってお買い上げ
ってするタイプ。だっていつも使うものだし。
ある程度お金かけてもいいなって思える。
でも・・・「気に入った!」「素敵~☆」「ほしィ」って思う手帳とすぐ出会える年とそうでない年と
あるんだよねぇ。・・・インスピレーションみたいなものかなぁ。
人の出会いとかと一緒かなぁ。   ← え?(謎)。。

P1000115.jpg


みんなはどんな手帳使ってる?
私の場合は、機能性とデザイン性と柔軟性。
多くはデザインだけど3点で勝負は決まります(笑)

なかなかない理由の一つは自分でもわかってる。
ひとつ大きなハードルを設定しているから。
このこだわりを捨てればかなりの手帳が選択肢に入ってくることは
わかっているのだけれど なかなか捨てられない。
慣れてしまっているからかなぁ。一度変えてみたことも
あるのだけれど。それは・・・

一ヶ月単位のページ(31日が全部見開きで眺められるページ)
週単位のページ(一週間が見開きで見れるページがつづくね)とが
すぐ隣に続くこと。


説明じづらいんだけど
例えば8月一ヶ月の全体が見れるページがあるでしょ?
大抵の手帳ってこの後 9月の一ヶ月のページ→10月1ヶ月のページ
ってなってまとめて一ヶ月のページが終わった後週単位のページが
始まっているんだけど。

でもそうではなくて8月なら8月をすぐ見れるように
8月の一ヶ月のページ→すぐ8月第一週の週単位のページ→第二週
ってなっているのものが好きっ!!てこと☆
やまちゃんとか実は他のキャンレポに話したら同じような
こだわりを持った事のある人がいて。
共感してくれる人がいる割りに商品はけっこう少ない。

*   *   *   *    *

でもって時間軸でスケジュールが組めるもの
デザインが飽きないシンプル且つセンスのいいもの

もしくは柔軟に自分でデザインできそうなもの
っていう要素もこだわります。こんなに長く書いてしまったのだけれど
いい手帳に出会えると毎日が楽しくて。るん♪
我ながら単純だな笑い
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ