2005年11月

ビジョンは世界へ

情熱を持って生きる
生き方には何通りもあるけれど

私が魅力的だと感じた人の生き方は
共通性があるように思える。少なくとも
数通りに分類されるように思う。

*専門をもった、創造的な活動

*健康や美への継続的な意識

*自分のためだけでない、周囲の人や環境への奉仕



ミーハーではないけれど上のような
活動をしていると思われるが故に
一度会ってみたいなあと
思う著名人が何人かいる。

今日そんな人物の一人と出会った。

(私はわけあってテレビは
ほとんど見ないのだけど)
かなり昔 「徹子の部屋」という番組で
その人物の話を聞いてその魅力に
ひきこまれた・・・というより
「吸い込まれた」(笑)。

彼女の作品に見入ってしまった。

で、

今日偶然か必然か出会うことができた


というのは実は・・・


ジュディー・オングさん


すごいきれいだったし
お話も魅力的だった。

国際協力に関係したシンポジウムで、NGO
で活躍されているほかのパネラーの方々の
お話も目に情景が浮かぶように
わかりやすくて。

「今 自分ができることからはじめなくては」、
駆られるようなものばかり。
映像やパワーポイントを有効に活用され、
有意義なシンポジウムだったと思う。

印象に残った言葉は
「悦己悦人」

人も喜び自分も悦ぶような毎日

人のために尽くし、そういう実感の
ある充実感はお金に買えない
何倍もの悦びがある。

国際協力も自分と遠い存在の
動きではなくて
自分ができることからすればいいし、
思い立ったが吉日だという。

お話を聞きながらふとペイフォワードを
思い出していた。

彼女は親善大使でもあり、
ワールド・ビジョン・ジャパンを支え、
世界に貢献している。

具体的にはチャイルド・スポンサーシップなど
がその一例だ。

そして!!!
継続はチカラなりという言葉とおり
忙しい女優・歌手としてのお仕事を
こなしながらも版画作品を
次々と生み出している。

なんと今年 日展において
彼女の木版画作品「紅楼依緑」が
“特選”を受賞したそうだ。

kourouiryoku.jpg
この写真はジュディーオングのHPに
所属します。


ほんとにすごいよなあ。作品から
震え立つようなエネルギーが
みなぎる。

彼女が全力を投じて創り上げた まさに
「力作」。

シンポジウムの後 某先生の紹介により
握手までしてもらってかなり嬉しかった。

やっぱ、ミーハーなんかなあ(笑)

彼女のエネルギッシュな生き方を
学んで行動していきたいと
誓った日なのでありました☆


「“何もかも”はできなくても、“何か”はきっとできる」。
世界を変えるためには、あなたの一歩が必要。

ワールド・ビジョン・ジャパンの関連イベントはこちら▼。

みんなとも一緒に何かしたい。
思い立ったら吉日。
その日から何か始めていけるといいよね。

灯火のチカラ


P1000005.jpg



真っ暗な夜空にろうそくの光。
「こんなにも厳かな空間を作り出すなんて」と、
小さな輝く灯火の力に
感嘆する。毎年のことながら。

今日はアドヴェント
クリスマスまであとわずか。恒例の
キャンドルサービスの日。

P1000008.jpg


今 こうしている間も
世界ではいろんなことが起こっている。
アナウンスの声でいっせいに
そこらじゅうの人が世界へ

思いをはせてみる。
ふりかえってみる。

短い時間でも思い出されるできごと。
変わっていくもの、忘れていくもの。

P1000007.jpg


クリスマスを迎えるたびに
変わっていく世の中と
自分の変化を合わせ考える。

一方で年を経ても変わらないものが
あることに気づかされる。


P1000006.jpg


時間が過ぎるのって早いと思う。
今年ももうすぐ大好きなクリスマスが
やってくる。

今年はどんなクリスマスの予定?

クリスマスコンサートももうすぐ。
興味のある方は私に言ってねん。


さらりと和歌


昨日のブログで書いてから展示期間を
確認したら今日が最終日だってことを知った。

これは・・・行くしかない。
と思って午前中五島美術館へ・・・。

P1000002.jpg


留学生の友達を誘おうかと迷ったんだけど
「かな」ってさー、絵と違って興味持っている人の
方が珍しい気がしたの。興味ない場合は
めっちゃつまらないと思う(笑)。

私も今は 興味あるけれど大学に入る前は
読めないし、博物館でも素通りしてたし(笑)。

というわけで今回はあえて一人で行くことに。
でも 来てみてびっくりしたの。

すごい人・・・・。こんなになぜ?
最終日だから?!!

ご年配の方を中心に大勢の方がおみえに
なっていて会場は列がなかなか進まない、
といった具合。

書道とか自分でかなを書いている人は遠くても
見にくるみたい。お着物でおいでの方もいたし、
関西から来ている人もいて。

学生は700円一般は1000円。
招待券がもらえるようになりたいねえ(笑)。

P1000003.jpg

五島美術館は東急大井町線で上野毛(かみのげ)駅。
そこから歩いて5分くらいのところ、
静かなお屋敷の並ぶ中にひっそりとありました。

もともと東急(東京急行電鉄)のオーナーの
五島氏がコレクションと敷地を提供したものらしい。

きれいな日本庭園でも有名だけれど国宝
「源氏物語絵巻」とか「紫式部日記絵巻」所蔵で
よくとりあげられている場所。

かかっている作品がやや遠かったのと
新編国歌大観にしたがったキャプションで
多少実際の作品の読みとずれていたのが
気になったのだけど ことわりもあったし
丁寧に解説がなされていてとても
わかりやすかったと思う。

P1000004.jpg

ついでだからとお庭も拝見。
茶庵でお茶会が催されていたり、
池の水に真っ赤な紅葉が映っていたり。

昔の人はこんな風情のあるお庭で
さらっと和歌を詠んじゃうんでしょうね。

午後は号泣覚悟で、ある映画(笑)を見ようかと
思ったのだけど急遽 某企業の方とお会いする
ことになったので延期。また今度みたいなー。




記念すべき年

新聞でもとりあげられているし、
知っておられる方が多いとは
思うのですが

今年は文学史上記念の年。
はてさてどんな年でしょう笑い

ヒントは↓こちら
P1090097.jpg




・・・正解はね 勅撰和歌集
「古今和歌集」成立(905)から1100年
「新古今和歌集」成立(1205)からちょうど800年


というわけで八代集をふりかえりたくなる節目の年。
あちらこちらで記念行事が行われています。
上の写真は国文学研究資料館というところ
でおこなわれた展示 「うたのちから」

非常に丁寧に解説されていたように
思います。散らし書きの作品も
あったし。先生や先輩方とご一緒に
回ったこともあって勉強になりました☆

もうすぐおわってしまうけれど
出光美術館五島美術館でも
展示がおこなわれている模様。

ほんとは友達と一緒に行きたかったのだけど
平日は授業がたてこんでいたために(涙)
まだ行けずじまい。

研究とも関係するのに行きそびれてるなあ。
終わる前に行っておきたいのになあ。

もひとつ!!

美術館大好きな私が注目していて
まだ行きそびれているのが北斎展@TMN

家族の話だと午前中から40分待ち。
大人気だったみたい。
北斎の絵は日本を代表する絵といっても
過言でもないしね。買ってきてもらった
図録をななめよみする今日この頃です。


そうだ京都へ行こう(7)

P1090055.jpg


最近の携帯はあなどれない。
上の写真 自分でいうのもなんだけど
とても気に入っている一枚なのです。

京都っていいよなあ。と思わせる一枚。

実はここ、今回の京都の旅で印象深かった&
いちばん行ってよかった場所。

どこだと思う?無理やり歩いたけど
見る場所たっぷりだったよ。

ヒントは
img20051126.jpg

img20051126_1.jpg


livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ