2006年02月

ふらりと能楽


P1000016.jpg


休日の渋谷。
オーチャードホールを通り過ぎ能楽堂へ。

先日チケットを知り合いにとってもらって
能を観に行く。今回は招待ではなく。
スタッフとしてでもなく(笑)。お金ちゃんと
払って観て来ました。

********************

雨がふっていたためか
着物人口が少な・・・・って何を見ているんだ
>自分(笑)。

知り合いの先生も友達も(お茶会の後という
こともあり)本当は着物のはずだったと
おっしゃっていてその粋な姿が見られなくて
残念。雨をちょっぴりうらめしく思う。


着物を着て街へ

そんな風流な習慣を日本で復活
させようったってなかなか。

わかっているけれどそれでも。
文化としてあり続けてほしいし、
ふと見かけるだけでいいなーと、私は思う。


天気のイイ休日などに着物で能楽や
茶道にたしなむ機会がたくさんできたら
どんなに素敵だろうなんて思ったりする。


落ち着いた着物をさらりと。
男女問わずその着こなしにとても惹かれる。

********************


今日の演目は「隅田川」メイン。
素謡「経正」狂言「棒縛」

前もってテキストを読み込んでいたけれど
前の日よく眠っていなかったので眠気防止に(笑)
演目のテキストも持ち込んだ。

「隅田川」は悲劇なんです。
・・・救いようのない悲劇。

有名な演目なので知っている人も多いと
思うのですが。世阿弥の息子、元雅が
作ったもの。

わが子を人買いにさらわれて
狂女となった母親がはるばる都から
子供を探しにやってくるのですが・・・・

旅の途中(舟の中)で、1年前に
その子が亡くなったということを偶然耳にし。
悲しみにあけくれるという流れ。

塚(お墓)の前で涙し、念仏を唱える姿は
胸がひきさかれる思いが伝わってくる。

(幻なんだけど)塚の中から聞こえる子供の声。
そして変わり果てた姿。

子方の声がしたとたん
涙がでちゃう演目なのです。

********************

今回は親しみ慣れていたために涙こそ
でなかったのですが

念仏に合わせて声が聞こえてきて
幕が下りるまで子方に目が離せない
くらい。主役級☆よく演じていました。


狂言については野村万蔵が出ているはずが
野村萬斎に見えて仕方なかった。うーん。

どうなっているんだ>自分

能を初めて見る人にもとてもわかりやすい
演目の一つで。外国からのお客様も
たくさんお見えになっていたのですが
みんな能を満喫できた様子でした。

mixiに入ってみました。

ohana.jpg


photo by natsuyumeiro

昨日わけあってmixiに登録しました。
このブログを更新していきたいので

基本的にmixi内の日記はオヤスミさせて
いただくつもりです。

親友がmixi内で日記を書き始めたみたいで
そんなこともあり、招待してもらい

のぞいてみることにしたわけです。
それにしても大きな団体というか

コミュニティーサイトの充実ぶり
加入ぶりにびっくりしました。

なつかしの友人を見つけてしまったり。
仕事や留学で頑張っている
幼馴染の様子を知ってなんだか

気持ちが引き締まる思いがしました。
人それぞれの道で

これからもお互い頑張りましょう。

追伸:
>mixi登録している方でマイミクスィーに
加えたいとおっしゃってくださる方

もしもいましたら個人的にお声をおかけ
ください。ネームで私を検索し、ヒット
するのはほぼ不可能ですので。

ブログパーツ☆

ウエブシールって知ってる?
私のブログは音楽をつけているので

あえてこのブログでは設定しないですが
同期に友達に教えてもらって初めて知ったの☆

可愛いキャラがお話しするんだけど
これがまた・・・(笑)



個人的にはがチリペンパー爆笑でした。
dammy_penguin.gif


※この画像はBIGLOBEウェブページから引用したもの
著作権等も同ページに基づきます。


登録前も再生させることはできるよ。
よかったら見てみてね▼

ウェブシール

もし気に入ったらブログにつけてみてね。

推定

尊敬しているコピーライター
未月さんのブログ 
「こころが晴れる はれ ことば」

今回は「ずっと」と題して
恋人も夫婦も少しずつ知っていくということの

大切さを書いていた。
本当にそうなんだよなあ。相手のことを少しずつ。

──すべてを知りたがらないこと。

──すべてを知って欲しいなんて思わないこと。


相手に夢中であるとそういう駆け引き的な
"ペース"というものが見えなくなることがあるんだろう

頭でわかっていながらも
そういう大事なものが見えなくなっていること

相手がペースをまもってくれずに
どんどん押してくると一気にひいてしまうくせに。


一緒にいたくてもあえてずっと一緒にはいない
電話したくてもしょっちゅうは電話しない。

そういうふうに行動が逆行したり、あまのじゃくでも困るけれど
一定の距離と時間が必要なときがあるみたい。


そういうことがあるんだろう

「サビシガリヤノクセニ

ソクバクサレルハキライナンダネ」」

どこかの誰かがそういうかもしれない。

誰しも胸に手をあてて聞いてみると
過去が思いやられるんだろう。


痛々しいくらいに。

雨の日は なぜか


雨の日は気持ちが落ち着かない。

今日はホントはでかけるつもりだったのに。
なぜか妙に迷い始め直前まで判断できなくて

・・・こんな自分がきらい。
"迷うくらいなら行動"

いつもの自分ならそう判断したのに
なんでできなかったんだろう。

見てるかわからないけどあらためて
ホントごめん・・・なさい。


*************************


冷静と情熱のあいだ
昨日の夜 Rossoを読み終えた

P1090006.jpg


途中が泣きそうだった。
雨の日はやっぱり切ない。


届かない距離
届いてはいけない人


アオイでも順正でもどちらでもない
マーヴの視点で読んだのかな。


大学に行ったら先輩が
Blueを貸してくれた。

Rossoを読んでいるのを知って
もって来てくれたのだ。

P1000003.jpg


昨夜読み終えたばかりと
タイミングがすごい。

うぐ・・・><♥
ありがとうございます。
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ