日々の発見

偏見と感動


「内部」
「外部」

こういう言い方は良い悪いは別として
よく使われる。
学校や、何か組織において。
(どんな集団であれ、)結束力の裏返しとして
「外部」に対して排他的である、みたいなことは
噂としてもよく耳にする言葉だと思う。

で/も/

今日とてもうれしいことがあった。
先入観を捨てて、ひとりひとりを見ることの
大切さを教えられた気がする。


世間は○ばかりではなく(笑)、ちゃんと優しい人が
いるのかも。いくつか「外部」の某機関で
お世話になっているのですがそこのスタッフの方々が
これまた とてもいい人で!

親身になって資料を探してくれたり、
嫌な顔一つせずにサービスしてくれたり。

え、そんなの当たり前じゃん!と思うかもしれないけれど
一見当たり前に思えるそういったことも当たり前に
思えないくらいありがたい。

緊張も手伝ってコンセントの位置すら分からず、
右往左往しちゃうような私でも(笑)
落ち着いて快適にその場所を利用できるのは
そういった人々の対応のおかげ。本当に
ありがとうございます。


そして!「芳名録」ってあるじゃないですか、
あの・・・入ったらよく・・・受付で名前
書く・・・あの記録。
あれを別の日に見てですね。

私が数日前にそこに来たことを知ってメール
してきてくれた方がいるんです。
「数日前に来たんだね、資料見つかったかな・・・」
みたいな。

あえてブログで書くことでもないだろう
って思うかもしれないけれど『外部」に
偏見を抱いていたためか
そうやって応援してくれる人がいることだけで
感動してしまったのです。
「内部」とか「外部」とか組織の枠組みに
とらわれず、同じ分野をやっている人を
支えられる、ああいう人間になりたいと
ひしひしと思った訳です。
アドバイスとか・・・感謝。
妙に感動が多い私ですが偏見捨てようっと。

変わらないもの

P1090070.jpg


大ーきな大ーきな箱があって。
その端と端に存在する私と友達みんな。

離れているんだけど
同じ地球上という大きな箱に

あって時間はおんなじように
流れていく。

時間的にも空間的にも
離れていたんだけど

なんだかなあ、年齢だけは、お互い
しっかり大人になりながら(笑)

全然変わってないような気がする。
変わってほしくないものもあるから

それでいいんだ、とも思える。
性格とかちょっとしたしぐさとかはね。

すっかり社会人、の幼馴染と夜
ちょこっと再会!

スーツ姿には弱いんだよな(苦笑)
忙しいのに誘ってくれてありがとう。

ぶっちゃけ今日の私サービス精神に
かけていたような、反省しまくりです(謎)。

別々の場所でお互い全然違う道に
すすみながら趣味とかも違うんだけど

でもお互い認め合えるものや、
共有できるものをもっててよかった。

幼馴染が褒め上手なだけって話かも
しれないけれど(笑)。

すさまじい記憶力で何もかも
知り尽くされているのが恐ろしいねえ(笑)。

お互い負けず嫌いだったんだね。
先生の影響が大きかったことも改めて思った。

今も精神年齢低いですが(笑)
あのときはさらに幼かった。


そして5月まで会わないとか言いながら
すみません。前向きになれました。

>みなさま

休み明け、会うときは
みんなスーツで会います(爆)??

希望を

P1090026.jpg


・・・風邪気味 れす。

カテキョの教え子
花粉症のためかよく丸めた
ティッシュでダンクシュートやって
くれるのですが
今日は負けないくらい私も
はなびずが・・・うう(笑)

季節の変わり目。
みんなは体気をつけてくださいね。

今朝は卒業生の話を聞くことが
ありました。盲導犬を連れて
話している間もすらすらと指で
点字にふれて。

目が見えなくてつらくて大変なことが
あったと思うのですが一つ一つ
乗り越えていった彼女。

アメリカに渡り必死で勉強した
彼女。ついに天職を見つけます。

困難は忍耐を
忍耐は練達を
練達は希望を

誰が言うよりも実践してきた人の
言葉は身にしみます・・・

11年目の春

composite54.jpg


4月16日(日)のY売新聞朝刊
最後のページに心打つ記事が載っていた。

色んな人の人生を特集しているページだった
んだけど今回掲載されていたのは

日本ではまだまだ非常に少ない
女性パイロット

あることをきっかけにパイロットになることを
決意した彼女。本屋に行って調べてみるけれど厳しい。
パイロットになる女性なんて皆無だった時代。

それでも彼女を突き進ませたのは、
「空を飛びたい」という強い思いと信念。

仕事の傍ら、ひたすらアルバイトし貯蓄したり
一人アメリカにわたって取得訓練を受けたり。

保険でとったヘリ操縦の採用で落ちたり、
年齢や性別差別の壁がたちふさがったり。

決意したから11年目
とてもいいことが書いてあります。

気になる人はぜひY売新聞を見てみてください。
なりたいものになる。

年齢がどう、性別がどう、
周りがどう言おうとも信じていきたい。


誰も踏んだことのない道
一人ひとりの先にそれぞれの人生がある。

banner88.jpg

Photo by Natuyumeiro


居場所

P1090020.jpg


研究室に留学生が遊びに来てまーす。
中国から日本の文化を学びに来た彼女。

非常に明るいし、かなりの優秀!
中国では深夜まで図書館が混み混み☆

という話を聞いたことがありましたが
勉強熱心は本当の話!

中国から見た日本文化。色々話してくれたけれど
茶道をちょこっとやってたこともあって興味深い。

研究室に自由に入れなかったのか
図書館に閉じこもってた様子。

誰とも話さない日があったみたいで会話するのがすっごく
嬉しいそうで。

「自分の居場所」という言葉がとても印象的だった。

心を開いて積極的に関わろうとは
しない人も中にはいたみたいで。

シャイなだけじゃないかなっとも
思うけれど普段私達が接している以上に

話を聞いていて、とてもさびしかった
だろうなあって思ったり。

そうだよね。
一人で海外で勉強するってきっと

精神面がイチバン大変だろうな。
慣れない環境で・・・・ねえ。


北京のこと、中国の学校事情、
先生のこと、食べ物ののこと、太極拳の話。

彼女、とても日本語が上手なので
こんな私も意思疎通ができるわけです。

感謝です☆中国語における疑問も
いくつか教えてもらえて何気ない会話が

人の心にとってこんなに大事なものなんだなって
改めて思ったり。

あだ名(中国読み)で呼んだらめちゃめちゃ
喜んでくれました。

「日本でそう呼ばれるなんて!」って。

「あなたの居場所はここにあるからね。」
研究室は私だけのものではないけれど
みんな仲良くなってそう言ってあげられるといいな。

実りある留学になるよう
応援しています。

夢想成真!
越変越漂亮!
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ