旅日記~@京都

クリスマスパーティー

今日はPC関係の某会社に
勤めるOGの方のお誘いを受け、
あるクリスマスパーティーへ。


英語の先生のご自宅で行われた
パーティーだったのですが
ホームパーティーっていいですよねえ。

講演会にいらっしゃっていた有名な翻訳家の
方がお隣だったり。大使館や
海外で活躍されているOGの方とお話できたり
して非常に刺激になりました。

こんな私が参加者のうちの最年少だったりする
ものですからおかしな感じ。ただ
年齢を越えて楽しめました。

優しいし、熱心に聴いてくださるし。経験が
豊富な方が多いのせいなのか、
人間的に魅力的な人は年齢差なんて
関係なくお話してくれるものなのだなあと
感謝しています。

新米で不勉強な私は聞いてばかりでしたが
あったかい雰囲気で助かりました。

人とのつながりは大事にしていきたいな。
ひしひし。

P1090004.jpg

そうだ京都へ行こう(6)

P1090071.jpg


歴史あるんだろうか?と思わせる雰囲気と
いかにも修学旅行生にウケソウな。
派手な看板が性にあわず。

「恥ずかしいから絶対行きまい。」
と思って中学のときは避けた名所。

地主神社。
縁結びの神様です


今回は一人だったし、男勝りに育ったせいか(笑)
私はふらっと入ってみることができました。

おみくじをひいたのだけど
きゃー(意味不明)

結果は・・・・聞かないで(笑)・・・なーんて。

重い荷物をのぼるときだからなるべく
荷を軽くするように


だってー。これ妙に当たってる気がするなあ。
重点をしぼらないとなのです。


恋愛は情熱の激しい恋とか
不自然な恋になりやすいから
年下の男性に興味を持つことはよくない
とか。


じゃ同い年や年上だったら問題ない?
大丈夫ってことかすら(笑)


いちばん気になった言葉

すれ違いの恋愛にしないこと

すれ違いっていうのは現実でドラマでも
いやだなあ。

相手は思っているときになぜか知らんぷり。
相手を思っているときに悲しいかな、届かない、
みたいな。

ドラマの主人公たちの気持ちを
神様のごとく視聴者は知っているもんだから
なにしろもどかしい!!

あああー!!どうして?!
どうしてそこでアプローチしないかなあ、って。

こぶし握り締めているあなた。
ひとごとじゃないらしいです。

私も神様もどかしい思いさせたくないのだけど
押し引きって難しいよねえ。

おみくじで哲学していた私でした。
ふはぁ(笑)。

そうだ京都へ行こう(5)

P1090091.jpg

ぐわ~。

よだれじゃないよー(笑)@西本願寺


滞っていた京都旅日記ですが
つづきっいきます☆

”モトヲトッテミセヨウ”などとはりきる私。

早朝から京都についた喜び。
ついついテンションが↑↑♪

ずんずん  ずんずん♪
バスで行こうかと思ってたのだけど
むしろ歩きたくなってしまう。

京都の街を雰囲気を、風を、直接感じたいから。
三十三間堂で満足しながらも次へ。

坂道をあがっていくと見えてきたのが
茶碗坂。お店はまだ開いていないのだけどね。
ウィンドウ越しに見えるお茶碗や置物。


P1090083.jpg


かわいいねえ。
和だねえ(謎)


P1090081.jpg

血迷っているわけじゃないのよ。
友達はホントに入ったらしいけど。

この日は奈良に行くしね。
鹿もびっくりの格好で行ってしまうと
ほら、先生たちにも気づいてもらえないし(笑)

舞妓さん体験したい方
こんな場所も清水の近くにあるのよー。

P1090077.jpg

見えてきました☆清水寺。

修復をだいぶおえてすっかり
きれいになってました。

階段をのぼりながら始まりかけた
紅葉を楽しんでました。

P1090072.jpg

修学旅行生と外国の観光客でごったがえす
清水の舞台。

飛び込めーー!!!
とは言いません(笑)。

そうだ京都へ行こう(4)

P1090086.jpg


私が向かった先は三十三間堂
大好きなの。この場所。

朝イチで入ったのでまだほとんど人がいなくて
この神聖な雰囲気が好きです。

見ごたえあるんだよー。

本尊・千手観音坐像(国宝)にはじまり
天蓋(国宝) 、風神像&雷神像(国宝)
二十八部衆像(28躯各々が国宝)、
そして圧倒させてくれます

キラキラ千手観音立像1,001躯キラキラ
自分の顔と同じのがあると
思い込んでいたのだけど
説明書きを読んでいたら

「会いたい人の面影が必ずあります」


だって。なんだかこっぱずかしい
思いをするのは私だけでしょうか(笑)

P1090085.jpg

お庭もとてもきれい☆
紅葉も始まりかけてます。

来週が見ごろかもよ。
>ふぅさん
お香の香りがたまらなくよくて
お土産に買って帰りました。

そうだ京都へ行こう(2)


深夜バスに乗る。
行きはいつも半分眠れない。

トランクから押し寄せてくる振動と
慣れない音と。

それがわかっているから気持ちが楽で
体だけ休めるようにつとめていれば
いいから気楽だけど。

そうそう眠れないときはね、無理に
眠ろう眠ろうとするとつらくなるだけ。

体を横にするだけでも7割の疲れは
とれている。安心して足元を
あったかくし、温かいミルクを
飲んでいるのがイチバンらしいよ。

旅行く先への思いで気持ちが
高ぶっているのがわかる。

京都へ行くのは1年ぶり?
どこ回ろうかなあ。

早朝から回りたい場所を
頭に思い浮かべながら

うとうとと。それにしても
お隣こないなあ。

と思ってきや出発。
どうやら結局来ないらしい。

広々気楽に使って
ビバ夜行バス。

レディースだし
お隣いないし、

黒のマフラーを深くかぶるように
してアイマスク。

ジャケットを丸めて首にあて
枕に。

あったかい毛布とスリッパは
備え付けのものを。

ゆったりして再びうつらうつら。
前の席の人が香水を使ったぽい。

自分の好きな香りでほっとする。
ローズの香りに包まれて。

京都の朝に気がついたのは
6時のアナウンスでだった。
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ